片思いの女性を振り向かせる努力一覧【恋人になり結婚した人・今も付き合っている人】体験談まとめページ

片思いの女性を振り向かせる努力一覧【恋人になり結婚した人・今も付き合っている人】12人・体験談まとめページ

片思いから恋人になり結婚した人・一覧


【性別】
男性・好きになった時14歳、恋が成就した時16歳
【振り向かせるための努力】
相手を振り向かせるために頑張ったことは、中学3年でクラスが別々になっても顔を合わせたり、自分の存在が忘れられないように彼女のクラスによく遊びにいったことです。
仲の良い男友達に会うことをダシにして彼女に会いにいっていました。
同じクラスでずっと席が隣同士だった頃の状況を続けたかったんだと思います。
(今思えばかなり健気ですね(笑)。)
また廊下で会ったときも階段とかでよく話しかけていました。
話す機会や会話の量は各段に減りましたが、それでも今思えば自分なりに必死にアプローチしていたんだと思います。
あと単純に彼女の笑顔を見たかったということもあったような気がします。
結果的にこれはうまくいったような気がします。




【性別】
男性・好きになった時が16歳、恋が実ったが18歳
【振り向かせるための努力】
相手とまずは友達になりたいと思って近づきました。
誰にでも優しい子だったので、自分が話しかけると笑顔で対応してくれたりするので、友達になるという作戦は功を奏しました。
しかし、友達になれたなというときに告白をしてしまいそこでまだ良く知らないからと振られてしまい、急ぎすぎたと後悔しました。
うまくいったのは、学校の行事などで大変なときに彼女のことを率先して手伝ったりしたことです。
しかし、彼女のことばかり手伝うと変に思われたりすると思って、彼女の友達のことを助けたりしているとその人と変な噂がたってしまい、失敗したなと思うようになりました。
無駄だったと思うことはありません。
とにかく毎日挨拶は欠かさないように意識をしていました。




【性別】
男性・好きになった時18才、付き合った時19才
【振り向かせるための努力】
とにかく一緒にいる時間を増やすこと。
それから、彼女といる時はなるべく笑顔で接すること、を心がけました。
一緒にいることで、自分のことを意識してもらえるだろうし、笑顔で接することで、相手に特別感を感じてもらおうと……。
当時は、とにかくこの二点を意識していました。
ただ、男性としてはあまり意識されていなかったかな……。
実際、告白するまでは、私が相手のことを好きだと気づいてもらえなかったですし。
そういう意味では、もうちょっと男らしさをアピールしてものかったのかなと思います。
人前で目立つようなことをするとか、筋トレをして細マッチョを目指すとか。
いい人で終わらないように、相手にとって特別な何かをアピールすることが大切だと思います。




【性別】
男性・好きになった時21歳、恋が成就した時23歳
【振り向かせるための努力】
好きだと気づく前にはしたことがなかった、「誕生日プレゼント」「外食への誘い」などをして、少しでも振り向かせよう、彼女は俺のことをどう思っているのかを知ろうと頑張りました。
彼女は誕生日プレゼントに驚き、「悪いよ」と遠慮がちな様子でした。
また、大学が休みの日にデートへ誘うこともありました。
それほど遠くではないですが、電車に乗って少し都会の方へ遊びに行き、たくさん遊ぶようにしました。
そして1番頑張ったのは、連絡を取り合うことです。
LINEで毎日のように連絡を取り合い、彼女が先に寝るまで頑張って起きていました。
そういうことを繰り返している中で、彼女の気持ちが少しでも分かればなと、思っていましたが、俺の中で確信を得るようなものは得られませんでした。



片思いから恋人になり今も付き合っている人・一覧


【性別】
男性・42歳
【振り向かせるための努力】
当時オンラインゲームの中だけの関係だったのですが、彼女の相談相手として、信頼をしてもらい。
LINEをお互い交換し、自分は当時、彼女と住んでいる県がちがい、離れて暮らしていたのですが、手に職がある職業なので、彼女の住んでいる地元に移住し、そこで就職をして、彼女のそばに居ることを選びました。
近くにきたことで、彼女が自分の真剣な思いに次第に打たれて、本当に少しづつですが、彼女の気持ちが自分の気持ちに近づいていったのを感じていました。
失敗したことは、最初、彼女がお付き合いしていた方が既婚者であったこともあり、彼女のお付き合いしていた方をけなしたり、やめたほうがいいと説得しようとしたりした事は今でも失敗だったと思います。




【性別】
男性・好きになったとき27歳、恋が成就した時31歳
【振り向かせるための努力】
片思い中は特に力を入れたのが、頻k〜に連絡を取らないことですね。
頻k〜に連絡を取ってしまうと、どうせ会うこと体目的と勘違いされると思ったので、一か月に一回程度に抑えていました。
相手は恋人までいたので、余計な気を使わせず、友達から気になる人まで発展させるのが目的だったので、一番力をいれました。
あとは、イベントごとには手を抜かずに、積極的に連絡をしたことですね。
失敗したのは、恋人の状況を聞いてしまったことですね。
別れろと言ってるもんだなって、あとから後悔しましたね。
うまくいったことは、助けを求められたら一番に行動を移せたことです。
お金に関するシビアな話でしたが、貸さずに後悔するよりましかと思ったので、後先考えず貸しましたね。




【性別】
男性・好きになった時13歳、恋が成就した時14歳
【振り向かせるための努力】
なるべく相手の好きなものを理解し一緒に話すことができるように、相手が話していた話題についてあれこれ調べ、知識を得られるように努力するようにしていた。
また校外学習などクラスの垣根を越えて好きな人と交流できる機会があればそれを有効に活用すべくその相手と一緒に話すように心がけ、自分が「よく話す友達」「特別な友達」くらいの関係性として相手の印象に残れるようにした。
その他としては二人だけだと自分が相手のことを好いているということがバレて気まずくなりかねないと感じ、好きな相手を交えた三人以上の団体を作って相手を誘い、遊園地や商業施設など楽しげなところに遊びに行くようにするということを意識していたと思う。




【性別】
男性・好きになった時15歳、恋が成就した時21歳
【振り向かせるための努力】
失敗したことは彼女はあんまりお酒を飲めるタイプではなかったのですが、たまたま選んだお店が居酒屋さんだったので、そのときは自分ばっかり呑んでしまって彼女は呑まなかったので楽しいかわからなかったから失敗したなと思いました。
うまくいったことに関してはドライブデートです。
免許を取ってから彼女を乗せるためにたくさん運転して、自信がついた時にはじめてドライブに誘いました。
彼女は初めて家族以外が運転する車に乗ったみたいで、とても喜んでくれました。
ドライブは海まで行ったのですが、彼女の好きな海鮮を食べて喜んでくれていたことや、2人だけの時間がたくさんあったので、お互いの好きなことや恋愛観について話し合ってどんな人が好きなのかわかったのでお互い楽しくいい時間にできました。




【性別】
男性・好きになった時28歳、恋が成就した時30歳
【振り向かせるための努力】
彼女を振り向かせるためにはどうしたらいいか悩みに悩み、彼女はとにかく真面目で、仕事に対して一直線なタイプだったため、仕事に対して不真面目な人間と思われないために、初めから気のあるそぶりは絶対に見せないようにしようと頑張った。
そうすれば、「おっ、このひと仕事頑張ってるじゃん。
キュンa&」
なんてことにならないかなあと、淡い期待を持ちながら…。
休憩時間の雑談では、彼女の興味のある事柄が何かを会話の中から引き出し、その事柄の情報や知識をネットなどで吸収して会話が弾むように努めた。
一点だけ失敗したなと思う点があるのは、彼女はとにかく下世話な下ネタが大嫌いで、こちらが冗談で言ったつもりが逆鱗に触れそうになり、かなり焦ったことがある。




【性別】
男性・好きになった時31歳、恋が成就した時33歳
【振り向かせるための努力】
彼女が好意を抱いていた彼は、彼女が自分の子供に存在を話せない様な関係でした。
肉体的な関係であったり、都合の良い関係であったりと・・・
1、2年私は彼女からの相談を受け続け
電話口で泣きながら話している彼女の声を我慢して聞いたり、彼女のストレスの捌け口にでもなれれば良いな、と思い、相談を受けながら、子供の話を聞いたりと、気分転換してあげたり、「彼女がそこまで好きな人なら応援しよう」と思うようになって居ました。
今日は彼と何をしたのか?
どんな話をしたのか、先の話はできたのか?子供には紹介できそうなのか?
と、彼との関係の相談や彼女に何かある度にLINEや電話でやりとりをして少しでも気が紛れる様にしていました。




【性別】
男性・好きになった時34歳恋が成就した時35歳
【振り向かせるための努力】
彼女を振り向かせるため頑張ったことは、彼女の好きそうな日本酒と刺身のお店を調べて一緒に食事に誘いました。
彼女の趣味や嗜好を事前にさりげなく聞き、彼女が好きそうな雰囲気のお店の内装やメニューも細かく事前に確認して予約をとって行くことで非常に会話も進み仲が深まったと思います。
非常に満足してもらい楽しい思い出になりました。
 失敗したことは、自分から飲みに誘ったのに仕事が忙しくて当日の予定を忘れていて家に帰り寝てしまいました。
彼女は非常に食事を楽しみにしていたので、相当怒っていいました。
 無駄であったなと思ったのは友達になってから好きになってから、好きと相手につたえる事が6か月程伝えることができづにもじもじしていた時間が無駄でした。




【性別】
男性・好きになった時37歳、恋が成就した時42歳
【振り向かせるための努力】
最初は店員さんと客という関係でしたが好きだったのでまずは仲良くなれるように頑張りました。
もちろん自分の見た目も大事だと思っていたので服をオシャレにしたり髪型も自分なりにカッコ良くしたりと頑張っていました。
こちらがいくら相手の事を好きだとしても、相手から全く意識されないようではダメだと思っていたので相手からもこの人良いなと思われる様に努力はしていました。
話しかけた時もなるべく彼女が楽しいと思ってくれるような話題をふったり、仲良くなれるようにしていました。
相手は仕事中なのであまり話しかけ過ぎるのも良くないしその辺は気をつけるようにしていました。
最初は自分から話しかけるばかりだったのに彼女の方から近付いて来て話しかけてくれるようになった時は嬉しかったです。